ネット通販

Amazonレビューと化すブログ?労働放棄症候群のスタート

Amazonって本当にすごい

そう、Amazonはすごいのです。何がすごいって物欲を的確に刺激する能力が長けていること。もしAmazonに過去1年分の注文額を合算して表示する機能があったなら、僕は卒倒していると思われるほどです。

さらに恐ろしいのは、購入したものが必ずしも必要だったか? 必要ではなくとも生活を豊かにしたか? を考えたときに、答えがNOになる数の多いこと多いこと。断捨離やらミニマリストやらが良しとされる時代に逆行するがのごとき部屋の様子は、いっそのこと公開した方がいいのではないでしょうか。

いや、部屋を公開するのは今どき少々都合が悪い。なのでその代わりと言ってはなんですが、今後なにか買ったもののレビューを掲載していく所存です。基本的にめんどくさがりなので、レビューを書く行為が衝動買いを抑えてくれるのではないかと期待しているのですが、どうなることやら。

購入の多いカテゴリー

まずは電子書籍。大学生のころに購入したKindle PaperwhiteとiPad airのおかげで紙よりも電子書籍を購入する機会が増えました。データなので物理空間を占拠しませんし(ストレージは占拠する)、重い紙のかたまりを持たなくて済みます(活字でない漫画等はデータ量的な意味では重い)。紙の本を通販で購入した場合、配送を待たなければなりませんが、電子書籍はほとんど待つ必要がなく読み始めることができます。

次にPC周辺機器。ざっくりしたくくりですが、なんからの小物をついつい買ってしまいます。USBメモリとかSDカードとか無性に欲しくなりません?なりますよね。あとは映像系のディスプレイやケーブル、音響系のスピーカー・イヤホン等々。枚挙にいとまがありません。

おそらくこの2つが代表だと思われますが、実際のところ本当にいろんなカテゴリを見ています。Amazonに住んでいるかのよう(?)ですので、色々と紹介できるでしょう。

自己紹介

そんなわけで当ブログ「労働放棄症候群」の著者、ジョンと申します。2年ほどニートをしておりましたが、現在はなんやかんや色々やっております。

ブログはレビューの他にも雑記的に書いていく予定なので、何卒よろしくおねがいします。それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です