Tips

スマレジとPayPayを連携して使う方法とレビュー

iOSレジアプリ「スマレジ」において、決済サービス「PayPay」と連携する方法をご紹介します。その方法は大きくわけて2つです。

  1. StarPayを使う
  2. 「その他の支払い方法」を使う

1.StarPayを使う

PayPayをはじめとして楽天ペイ、メルペイなどの各種QRコード決済サービスを一括で扱えるようになるサービス、それがStarPayです。

StarPayが扱える決済サービス

スマレジが公式に連携しているQR決済サービスはこのStarPayのみで、他にオフィシャルの選択肢はありません。

StarPayの魅力の一つはあらゆるQR決済を一つにまとめられるということ。

本来なら一つ一つの決済サービスをバラバラに契約し、管理しなければなりません。しかしStarPayならPayPayであってもd払いであっても一元管理できます。

もう一つの魅力は、そのあらゆるQR決済をただ読み取るだけで良いということ。

一元管理していても実際のお会計で相手のQR決済がどの決済サービスなのかを選ばなければならないとしたら、それは地味に手間です。しかしStarPayはQRコード決済ならカメラもしくはバーコードリーダーで読み取るだけで、あとは勝手にどの決済サービスか判断してくれます。

逆にデメリットは決済手数料。具体的な手数料は公開されておらず、契約者ごとに異なると思われますが概ね3.25%~4%と見られています。これは決してキャッシュレス決済において高い手数料ではありません。

しかし個別で契約した場合、サービスによっては手数料がStarPayよりも低い場合があります。たとえば執筆時点でPayPayの手数料は期間限定の無料となっています。(※お客様読み取り式の場合)

さらにPayPayはPayPay銀行(旧ジャパンネット銀行)を利用していると翌日入金、入金手数料無料などの特典もありますが、StarPayを利用している場合そういったサービス独自の特典による恩恵はありません。

2.「その他支払」を使う

スマレジと連携する仕組みを活かしてPayPayを利用するにはStarPayしかありません。しかし手数料などを考慮してPayPayと直接契約したいという場合もあるでしょう。その際に使うのが「その他支払」です。

「その他支払」とは、現金払いやクレジットカード払いなどスマレジが標準で想定している以外の方法を自由に追加してレジに反映する機能です。PayPayに限らず別端末などで決済したものを反映したり、商品券や割引券を追加することもできます。

詳しい設定方法はスマレジヘルプをご覧ください。

実際に使ってみた所感・レビュー

筆者が実際に店舗で利用しているのがこの「その他支払」ですので、その所感を述べましょう。

PayPayでお客様が読み取るQRコード

店舗ではお客様読み取り用のQRコードを設置し、会計ではお客様ご自身にQRコードのスキャン→金額入力→決済完了まで行っていただきます。店側は金額と決済完了の確認を行い、レジ操作では「その他支払」からPayPayを選択しチェックアウトを行います。

一見手間がかかるように感じますが、基本的にはとてもスムーズで現金受取に比べるとかなり早いです。また、他のアプリや端末を使わず目視で確認するだけなので、操作習得の観点からしても容易です。

一方でPayPayでQRコードを読み取って決済する方法は不慣れなお客様も多い。そのため即座に案内できるよう店側もPayPayの操作にはある程度慣れておく必要があります。

実際店舗で起こったことのあるミスとしては、

  1. 決済完了の画面を確認せずレジをチェックアウトにしてしまう。
  2. 「その他支払」でPayPayを選択せず現金支払でチェックアウトしてしまう。
  3. Alipayがわかりにくい。

等々。少し詳しく見ていきましょう。

決済完了の画面を確認せずレジをチェックアウトにしてしまう

PayPayは通常、決済が完了すると決済音が鳴り画面が決済完了画面へ遷移します。しかし人によっては決済音を鳴らさないようにしている人や、決済画面を見せずに閉じてしまう人など様々な方がいます。

店側では決済が完了しているのか、直接連携のないレジアプリではわかりません。したがってお客様の決済完了画面をしっかり確認する必要があるのです。

「そうは言っても悪意のある人ばかりじゃないし、金額を入力して決済ボタンを押したところまで見れば大丈夫でしょ?」……と思ってしまいますが、そうではありません。

実は最も多いのが金額入力後に残高不足が発覚するケース。この場合遷移先は決済完了画面ではなく銀行からのチャージ画面になります。他にもカードエラーなどの各種エラーが発生しうるため、決済完了画面の確認は必須なのです。

なおPayPay for Businessのアプリをインストールしていると決済の通知が出るようにできますが、環境によっては時間差があるため、それによる確認は推奨しかねます。

「その他支払」でPayPayを選択せず現金支払でチェックアウトしてしまう

「その他支払」は標準で画面に表示されている現金支払いと異なり、会計ごとに預り金入力画面で「その他の支払」を追加→PayPayを選択という手順を踏まなければなりません。

会計ごとに「その他支払」を追加する

そのため連続で何度も会計を行っていると、ふとした拍子に忘れてしまい現金支払いでチェックアウトすることが多々あります。

この場合決済自体は完了しているので問題ありませんが、精算時にレジの現金が合いません。現金支払としたにも関わらず現金をもらっていないためです。

そのミスをした会計がわかれば打ち直しで良いのですが、わからない場合PayPayの履歴と照らし合わせるなどの手間が発生するため気をつけたいところです。

Alipayがわかりにくい

PayPayに関しては概ね上記2つを気をつけていけば良いのですが、PayPayのQRコードで使えるAlipayやその他提携サービスはかなりわかりづらいです。

PayPayが提携している海外の決済サービス

手順としてはPayPayとまったく同じ。読み取り→金額入力→決済です。もしこのやり方を海外のお客様がご存じないと困りますが、たいていご存知なのでその点は安心して良いでしょう。

問題なのは決済完了画面です。Alipayは通常、決済完了画面に大きく表示されるのが中国元となっています。なのでどうやら決済完了らしいことはわかるのですが、肝心の金額がわかりません。Alipayの場合よく見ると下に日本円が書いてあったり、日本円を大きく表示することができるようなのですが、なにせ言葉が通じないので細かいリクエストができなかったりします。

当店ではあまり数が多くないので、日本円入力を見せてもらい決済完了画面を確認することにしていますが、Alipayの方への案内POPをあからじめ作成・掲示するのも良いでしょう。

総括

少し長くなってしまいました。PayPayだけ導入したくてスマレジと連携したいならおすすめは2番目の「その他支払による間接連携」です。とてもお手軽なので最もハードルが低いかと。それでは。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です