ネット通販

広々使える!LGウルトラワイドモニタ29UM59-P

ある時、複数のウィンドウを行き来するPC作業がありました。1回きりならそこまで不便も感じないのですが、これがほぼ毎日だと、さすがにPCの作業領域が狭く感じます。

そこで昨年購入したのがLGのウルトラワイドモニタ 29UM59-Pです!

LG 29UM59-Pとは?

まずウルトラワイドモニタとは何なんだと思われる方もいらっしゃるでしょう。

通常のモニタは概ね16:9という縦横の比率になっています。解像度はフルHD(1920*1080)で、23インチ程度のものが主流でしょうか。

一方ウルトラワイドモニタは横にかなり長いモニタで、その比率は21:9です。解像度は2560*1080と通常のモニタをそのまま横に延長したような形

29UM59-Pは29インチですが、高さは通常の23インチモニタと同程度です。

今回購入したのはHDR(なんか綺麗に見えるやつ)なし、IPS方式(視覚野が広い)、入力端子はHDMI*2。詳しいスペックについては各々が頑張ってください(?)

• 画面サイズ:29インチ/解像度:2560×1080/パネル:IPS 非光沢

• 滑らかで高速な描写を実現する「AMD FreeSync」対応モデル

• 目の負担を軽減するフリッカーセーフやブルーライト低減機能を搭載

• 表示遅延を抑える機能や、暗部の視認性を向上するゲーム機能も搭載

• 入力端子:HDMI(Ver1.4)×2

• 輝度:250cd/㎡(標準) /応答速度:5ms(GTG)

• 付属品:HDMIケーブル×1、取扱説明書(CD-ROM)、保証書(3年保証)

• チルト対応:上20°~下-5°

• VESA対応:75×75mm

解像度の罠

実際使ってみた……の前に、僕がはまってしまった落とし穴が一つ。このモニタの解像度が2560*1080という話はしましたよね。つまりフルHDより解像度が高いんです。

HDMIケーブルやPCのスペック次第では出力できるのは最大でフルHDというものも。これではウルトラワイドモニタを目一杯使えないのです。

僕はMacbook Airとモニタをつなぐ予定で、PCは問題なくHDMIケーブルも付属していたので問題なかったのですが、HDMIケーブルとMacbook Airを接続する部分が古かったのでその罠にはまってしまいました。結局すぐにAmazonで別のを購入し事なきを得たのですが、うっかり引っかかる方も多いのではないでしょうか。

実際使ってみた

今まではフルHDのモニタを使っていたのですが、やはり作業領域が広くなると便利です!購入するきっかけとなった作業も、かなりノンストレスでこなせて効率があがりました。複数ウィンドウの同時展開時には本当に助かります。

一方でそうでない普段使いは、画面をかなり持て余します。

フルHDだとブラウザを最大化して問題ありません。WEBサイトを作っている方もこのアスペクト比を想定しているのでしょう。快適です。

これがウルトラワイドモニタだとフルスクリーンになったとき余白だらけです。画面になにも役割を果たしていない部分があるのは少し気になりますね。

とはいえ、2つのウィンドウを左右に並べて使う配置ならかなり快適に使えます。ブログを書きながら一方で資料を表示するのもOK。動画見ながらTwitterするのもOKといった具合です。

もし「フルHDでいいのにな」って場合は、両端が黒い帯にはなりますが可能ではあります。

ジョン
ジョン
何かとウィンドウを開く人はウルトラワイドモニタを使ってみよう!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です