Tips

【ショートカット】iPhoneのアプリアイコンを変更する方法

iPhoneのアプリアイコンは変更できるのか?

  • 「アプリのアイコンがわかりづらい」
  • 「ホーム画面に統一感をもたせたい」
  • 「特定のアプリをいれているとぱっと見で知られたくない」

そんな風に思ってる方も多いのではないでしょうか?

昔と違って今はAppライブラリという機能があるので、iPhoneもAndroidと同じように全てのアプリをホーム画面上に表示する必要はなくなりました。しかしこれだと頻繁に使うアプリの場合アクセスが悪くなってしまいます。

アプリをホーム画面からアクセスできるようにしたまま、アイコンを変更できたらいいですよね?

iPhoneの標準設定ではアプリのアイコンを変更することはできません。

ただApple純正アプリ「ショートカット」を使えば、それに近いことが実現できます!

 

ショートカットアプリとは?

iOSに標準インストールされている「ショートカット」は、様々な機能や操作を自動化してくれるアプリです。習得の難しいプログラミング言語を用いずに、誰でも簡単に設定ができ、アイディア次第で大きな効率化が図れるなど魅力的なアプリと言えるでしょう。

自分でうまくできなくても、ギャラリーから出来上がっているショートカットを導入したり、ネットにもいろんな活用法が出ているので一度はトライして欲しいですね。

ショートカットでアプリアイコンを変更した風にする方法

ショートカットを使っても、アプリのアイコンそのものを変更できるわけではありません。ではどうするのか?

特定のアプリを開くショートカットをホーム画面に好きなアイコン・名前で置く

これです。

 

1.ショートカットを作成する

まずはショートカットアプリを開きます。

見当たらなければホーム画面の中央辺りから下にスワイプすることで現れるSpotlight検索を使うか、ホームを右から左にスワイプして現れるAppライブラリで検索してみましょう。

もし削除していた場合はAppStoreから再度インストールします。

 

ショートカットアプリを開いたら右上にある+マークをタップします。これがショートカットの新規作成です。

次に「アクションを追加」をタップ→スクリプティング→Appを開くを選んでください。

すると先程の画面に「[選択]を開く」のようなアクションが追加されました。このままだと何のアプリを開くのかが定まっていません。なのでこの[選択]をタップして開きたいアプリを選びます。私は計算機アプリにしてみました。

 

アクション自体はこれだけでOKです。

 

アプリを開く設定ができたら右上の次へをタップしてショートカット名を入力します。

本来のショートカットの使い道では、この名前をSiriに呼びかけると実行してくれるという機能があるのですが、今回はあまり関係がないので適当で構いません。

入力できたら右上の完了をタップしましょう!

 

2.ホーム画面に設置する

ショートカットの作成ができたら、「すべてのショートカット」に先程作成したショートカットが並んでいるはずです。このままだとショートカットアプリ内で実行する形になってしまうので、ホーム画面に設置してあげましょう。

 

作成したショートカットの右上部分にある「・・・」をタップします。またアクション等の編集画面になったので、次はショートカット名の右にある「・・・」をタップしてください。

現れた画面のなかに「ホーム画面に追加」とあるのでこれをタップ。

するとアイコンと名前の編集画面がでてきました!

下の編集部分でアイコンをタップするとアイコンの変更が、名前のテキストをタップすると名前の変更ができます。

それではみなさん、好きな画像や名前に変更しましょう!

 

完了するとホーム画面に先程の設定した画像、名前でアイコンが追加されました。

これをタップすると設定しておいたアプリが開きます。

 

通知をオフにする

これにて完了!……でもいいのですが、実際に作ったショートカットのアイコンをタップしてアプリを開くと、毎回上にショートカットの実行通知が出てしまうことにお気付きでしょうか。

大したことではないとはいえ、やはり気になってしまいます。

仕上げとしてこの通知をオフにしてしまいましょう。

 

ステップとしては

  1. ショートカットアプリの通知をオフにする
  2. アプリを開いた通知をオフにする

です。

 

ショートカットアプリの通知をオフにする

通常のアプリであれば設定>通知から通知をオフに設定することで消すことができますが、ショートカットアプリは少し特殊なため通知設定の一覧に表示されません。

しかし設定自体は存在するので、ちょっと面倒な手を使ってアクセスします。

 

設定>スクリーンタイムを開きます。

グラフ下にある「すべてのアクティビティを確認する」をタップ。

「日」タブで一番下の通知エリアを確認しショートカットアプリがないか確認してください。通知回数が少ない場合は「表示を増やす」をタップすることで現れます。

 

通知エリアのショートカットアプリに「>」というマークがついていることを確認し、タップ。ついていない場合は画面上部の日付を一旦違う日付にしてから戻すとマークがつきます。

タップすると見慣れた通知設定が現れるので、通知をオフにしてください。

スクリーンタイムが読込中のままグラフが出てこない場合、強制再起動をお試しください。方法は端末によって違いますが、ホームボタンのないタイプだと音量の上、下を一回ずつ押したあと電源ボタンを長押しです。

 

アプリを開いた通知をオフにする

ショートカットアプリの通知をオフにしても、アプリを開いたときに出てくる完了の通知はオフになりません。そしてこの通知をオフにする設定も存在しないのです。

しかしご安心を。方法はあります。

 

ショートカットアプリを開きます。

下中央にある「オートメーション」タブを開いてください。

次に右上の+マークをタップし、個人用オートメーションを選択します。

下の方にあるAppを開き、先程作成したショートカットと同じアプリをAppに設定しましょう。

「開いている」「閉じている」はわかりにくいですが「Appが開いたときに実行」「Appが閉じたときに実行」という意味なので、開いているにチェックをいれておきます。

「次へ」を押すとアクション編集画面になります。ここで設定するアクションは、現在の設定に変更するアクションという無意味なアクションを設定してください。

たとえばズーム機能を使っていない状態で「設定アプリでズームをオフに変更」するといった具合です。

無意味なアクションを追加したら、「次へ」をタップ。「実行の前に尋ねる」をオフにして、完了を押します。

これで通知をオフにする設定ができました!

ホーム画面に戻って作成したショートカットをタップしてみてください。通知がでなくなっているはずです。

 

仕組み的にはどうやらオートメーションの実行が完了通知より優先されるため、見た目上通知がでなくなったように見えるということだそう。

ともあれこれでまるでアプリそのもののアイコンが変更できたように見えますね!

 

※ショートカットアプリの通知をオンに戻す

ショートカットアプリの通知を裏技的にオフにしたわけですが、この方法、ショートカットアプリが何度か通知を行っていないと使えません。

ということは通知をオフにしてしまうと、もう設定がいじれないのです。これではいざ通知が必要になったときに困ってしまいますので、戻し方を書き記しておきます。

といってもこれはめちゃくちゃ簡単。

iPhoneを再起動する。これだけです。

ショートカットアプリの通知がオフになるのはiPhoneにとってバグみたいなものなので、再起動すると直ってしまいます。通知をオフにし続けたい場合は面倒な仕様ですが、オンに戻したい場合はかなり助かります。

海外の情報ではショートカットアプリでショートカットの「通知する」アクションを追加すると設定を開くリンクが現れて設定が変更できるとありましたが、執筆現在の最新バージョンではただ設定アプリに飛ぶだけで、ショートカットの通知設定には飛びませんでした。

ホーム画面をカスタマイズしよう!

Androidに比べるとあまりカスタマイズができないiPhone。こういう方法を使えば少しだけでも理想のホーム画面に近づけると思いますので、ぜひご活用ください。

 

最後までご覧いただきありがとうございました。

当サイトのブックマーク、SNSでのシェア、コメントなどお待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です