お得情報

6月からのPayPayをお得に使うには? – 第2弾100億円キャンペーンは5月13日で終了

20%還元は5月まで。6月からは規模縮小へ

PayPay第2弾100億円キャンペーンは5月13日をもって終了しました。PayPayで支払って20%還元を受けるのが、すでに当たり前になった身としては厳しい時期の到来です。

しかしそこはさすがの大資本。いきなりなんのキャンペーンもなしにはなりません。

2019年5月8日よりPayPayは通常ボーナスの還元率を0.5%から3%に引き上げることが決定いたしました!

さらに第2弾キャンペーンにおける「やたら当たるくじ」は「PayPayチャンス」と改め、20回に1回の確率で最大1000円が還元されます。

6月からの還元は以下の表を参照してください。対象・非対象については第2弾キャンペーンとほぼ同じですね。

3%ならKyashを経由した方がお得?

還元率3%というのは他のQR決済や、クレジットカードと比較しても大きな還元率です。

では思考停止でPayPayを利用するのが最善なのでしょうか?

当ブログでは以前、大きな還元率になる方法をご紹介しました。そう「Kyashを経由したPayPay利用」です。たとえば楽天カードなら、この方法を利用することで3.5%の還元となり、3%を上回ることができるのです!

2019年10月よりKyashの還元率が変更されました

【悲報】Kyashの還元率減&QUICPayは対象外へ

Amazonもコンビニも2%お得に!kyashを使わない手はない!

しかし厄介なのは「PayPayチャンス」の存在。20回に1回の確率、最大1000円が計算をややこしくしています。では実際にどちらがお得なのか計算してみましょう。

期待値の分岐点は?

決済額が1000円以下の場合

まずは単純に、1000円以下の場合を考えてみます。

20回に1回100%還元で、20回に19回は3%。これを期待値になおすと7.85%

Kyash経由の3.5%なんて目じゃないほどの高い還元率であることが、この計算によってわかります。

決済額が1000円を越えた場合

では次に1000円を越えた場合はどうなるでしょう?くじの上限は1000円ですから、先ほどとは少し計算が変わってきます。

20回に1回1000円還元で、20回に19回は3%の還元です。1000円が決済額xにおいて何%なのかわかりづらいのですが、円で期待値を出すと「(57/2000)x+50」円です。

Kyashを経由した場合は「(35/1000)x」円。直感的に決済額が大きくなるにつれて、還元額の大きさが逆転するであろうことがわかります。

そこでKyash経由の方が還元額が大きくなる場合の式を書くと、

(35/1000)x>(57/2000)x+50 これを解くと x>100000/13≒7692円 となるので、

7692円まではPayPayを、それより大きい額ではKyashを経由したほうがお得です……でも待った!!!

本人認証の壁

ここで立ちはだかるのが本人認証の壁

Kyashは本人認証サービスに対応しておらず、PayPayでの利用には制限がつきます。具体的には決済上限が5000円になってしまうのです!

つまり、いくら7693円からKyash経由の方がお得になろうとも、そもそもKyashを経由できるのは5000円までなので、いつだろうとPayPay残高払い等の方がお得ということになります。

ちなみに楽天Payには決済上限が50万円(ただしコンビニは4000円)なので、高額決済ではKyash経由の楽天Payがお得ですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です