ネット通販

アルスターから移行!ラミーサファリEFスケルトン、レビュー

以前、万年筆のLAMYアルスター2019年限定モデルを購入しました。

【万年筆】LAMYアルスター2019年限定色ブロンズをレビュー

これを普段使いにしているのですが、ペン先を妥協してFにしたせいかどうにもしっくり来ず、ノートを書く頻度が減少気味。

そこでLAMYのサファリをなにげに初購入してみました!

サファリとは?

定番を越えた"超定番"筆記具

世界中の筆記具ファン、特に若年層から絶大な支持を集める定番シリーズです。軽くて丈夫な樹脂製ボディのグリップ部分には、誰もが正しくペンを握れるようにくぼみが設けられています。大型のワイヤー製クリップは、デニムなど厚手のカジュアルウェアのポケットにもしっかりとグリップします。

出典:http://www.lamy.jp/safari.html

アルスターと同じくドイツのメーカーLAMYから出ている万年筆で、そもそもアルスターはこのサファリのマイナーチェンジモデルなんです。

大きな違いはプラスチック製かアルミ製かという点。プラスチックかつビビットな色の多いサファリの方がカジュアルな雰囲気を持っています。

あとはアルスターの方がボディが太めな程度で、基本は同じです。

定価はサファリが4000円、アルスターが5000円とアルスターの方が1000円高いのですが、Amazonなどではほぼ大差ない価格で3000円もしない価格で販売されています。

スケルトンのサファリがかっこいい

サファリといえばカラーバリエーションが豊富なのも人気の理由。気軽に買える価格ということもあって複数本所持している方も珍しくありません。

今回はスケルトンを選択しました。では開封です。

 

箱の隙間からちらりと顔をのぞかせています。

こちらがスケルトンのサファリです。なかにブルーブラックのカートリッジインクが入っています。まだ入ってるだけでペンにささってないので、使わなくてもOK。

というわけで僕は自宅に置いていたコンバーターを装備。赤いコンバーターが目立っています。この写真ではまだインクをいれていませんが、この後左に置いてあるインクをいれました。

書き心地は?

やっぱりFは太すぎってことで選んだEF。しかしコンバーターでいれたインクがパイロットの色彩雫<iroshizuku>シリーズだったのがミスでした。色彩雫をサファリやアルスターにいれると、ラミー純正のインクに比べてインクフローが良くなりすぎます。その結果、字が太くなるんです。

今回EFを購入したんですが、Fより同じ……いやむしろ太くなってしまいました。もちろんその分引っかかりもなく気持ちよく筆記できるんですが……太い。

海外メーカーは細字も太字というのは有名な話。やっぱり細字を書きたい場合は国内メーカーから選んだほうがいいですね。どうしてもサファリが使いたいよって方はインクをラミーの純正にした方が、まだ細い字が書けます。

もちろん良い点もあります。アルスターと比較すると、サファリの方が軸が細いからか筆記しやすく感じました。わずかな重みや太さの違いしかないはずなのですが、ささいな変化も筆記感にも影響するもののようです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です