ネット通販

【高コスパ】中華イヤホンといえばこれ!?KZ ZSTをレビュー

中国勢の猛威

Made in Chinaといえど侮れない……

近年Amazon.co.jpでは電化製品等において安価な中国製が多く見られるようになりました。例えば、2~3万円はくだらないスマートウォッチも、中国メーカーのものとおぼしき製品は4,000円程度。かなりお手軽に体験できるんです。

そんな中とあるカテゴリにおいても中国勢は活況です。そのカテゴリというのがオーディオ!特にイヤホンです。

イヤホンといえば日本にもSONY、JVC、audio-technicaなどなど代表的なメーカーが存在しており、他にもSHURE掛けで有名なアメリカのSHUREなんかも有名です。しかしどれもクオリティが高いものはお値段も高い!そんな常識を打ち破っているのが、(格安)中華イヤホンと呼ばれる高コスパイヤホンなのです。

KZ ZSTを買ってみた

中華イヤホンのなかでも代表的で真っ先に名前があがるのが「KZ」です。特にKZのZSTというモデルは中華イヤホン界ではとても有名。そこまで言うならと僕も試しに一つ買ってみることにしました。先に言ってしまいますが、値段は─多少出品者によって上下はするものの概ね─1,800円程度です。エントリークラスと呼ばれる価格帯のなかでもかなり安い部類に入ります。

外見

僕が購入したのは結構見た目が派手な毒々しいやつですが、黒とかもあるようです。価格なりの見た目で高級感はありませんが、実用上の問題はとくにないでしょう。

使う際にはいわゆるSHURE掛けをするような作りです。個人的にSHURE掛けは初だったのですが、あんまり慣れませんね。タッチノイズは確かに減るようですが。

ケーブル

ケーブルは脱着式になっていて、他のケーブルに付け替えることができます。ただ規格が少し特殊なようで、ケーブルの選択肢はそう多くないようです。

標準のケーブルはなんだかベタベタしているのが、かなりマイナスポイント。絡まったら全然ほどけませんし、何より不快です。

肝心の音はどうでしょう?いわゆる安いイヤホンでは音が潰れていたり、とりあえず音はしてるけど聞くに堪えないということもありますが、ZSTは想像以上のクリアなサウンドです。

早速、同時購入していた別のケーブルにリケーブルします。今回使用したのはこちら。

標準ケーブルのベタベタは一切なくそれだけでリケーブルの価値はありますが、音にも明らかな変化が感じられます。音の明瞭さが格段にアップしており、スッキリとした音を楽しむことができます。標準同様、低音はやや物足りない気もしますが、これはこれでありです。

総合

やはりKZのZSTはコスパの高いイヤホンと言えます。しかしリケーブル前提であると考えた場合、他のエントリークラスイヤホンも見えてきますのでZST一択であるとは言えませんね。

なおZSTはマイナーチェンジされていて、新旧でかなり音が違うそうなのでご注意ください。と言っても見た目にはわかりませんが。

また宿命と言うべきか、品質のばらつきもままあるようですので、中華イヤホンをご購入の際は留意してください。

結論:ZSTは高コスパ!ただしリケーブル前提なら別のエントリークラスも検討しよう!

余談:完全ワイヤレスイヤホン

AirPodsをはじめとして、今「完全ワイヤレスイヤホン」(トゥルーワイヤレスイヤホンとも)が人気です。気になっている方も多いのではないでしょうか?

このカテゴリにも中華イヤホンはかなり進出しており、類似品が大量に出品されています。しかし個人的に中国勢の完全ワイヤレスイヤホンには手を出さないのが懸命だと思います。というのも完全ワイヤレスイヤホンはまだまだ発展途上にあって、音質・接続性・装着感などを考えると「使える」イヤホンは2万前後の価格帯なのです。妥協しても1万クラスにはなってきます。

中国製品のレビューはかなり怪しいことも多く、安易に5千円程度のアレとかアレとかを買わない方が懸命ではないでしょうか。あくまで個人的にはですが。

また機会があれば完全ワイヤレスイヤホンについても別で書いていきますので、よろしくお願いします!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です