実店舗購入

疲労感軽減!?機能性表示食品「スーパーC.C.レモン」をレビュー

C.C.レモン。言わずとしれたサントリーのロングセラー炭酸飲料です。飲んだことがある人も多いのではないでしょうか。

そのC.C.レモンシリーズに『スーパーC.C.レモン』が存在します。こいつにはとある機能が備わっているのですが……果たして。

スーパーC.C.レモンとは?

おなじみのロゴに「SUPER」の文字。これが『スーパーC.C.レモン』です。

クエン酸の働きにより“日常生活の疲労感を軽減”。
現在販売されている「C.C.レモン」シリーズの中で最多の、クエン酸2700mgを1本あたりに配合※。また、「C.C.レモン500ml」と同様、レモン50個分のビタミンCを含んでいます。疲労を感じたときにぴったりの酸味と、飲みやすさが両立した味わいを実現しました。

出典:https://products.suntory.co.jp/d/4901777314757/

通常の『C.C.レモン』と同じく、ビタミンCを1000mg配合。さらにスーパーなので、VCに加えてクエン酸が2700mg配合されています。

サントリーによればクエン酸は"日常生活の疲労感を軽減"する成分です。このクエン酸の配合によってスーパーC.C.レモンは機能性表示食品となっています。

機能性表示食品は、消費者庁長官による個別審査をうけたトクホとは異なり、事業者が自らの責任においてある特定の保険的な効果が期待できる旨を表示するものとして届出されたものを指す。

そのためただの飲料水としてだけではなく、サプリメントとしての役割も果たしてくれるんです。

スーパーC.C.レモンはどんな味?

当然ですが、レモン味です。スタンダードなC.C.レモンは長らく飲んでいないので、味の比較はしていないのですが、いたって標準的なレモン味のジュースという感じです。

私は酸味があまり得意ではないので、正直350mlしかないにも関わらず、飲むのに手こずりました。といっても決して不味いだとかそういうわけではありません。むしろ味としては美味しい方です。

 

またスーパーC.C.レモンは炭酸飲料でもあります。実は炭酸も苦手なんです。さすがに飲めないわけではないものの、積極的には選びません。ただスーパーC.C.レモンは炭酸がかなり弱く飲んだときも「炭酸……飲料……なのかな……?どっちだ……?」となったくらい。

したがって炭酸が少し苦手な方でも、比較的飲みやすいでしょう。逆に炭酸大好きって方には物足りないかもしれません。

キリンサプリ ブラッドオレンジとの比較

当ブログでは以前、スーパーC.C.レモンと同様にクエン酸が含まれるキリンサプリブラッドオレンジを紹介しました。

【疲労感軽減】キリンサプリブラッドオレンジの効果はある!?

どっちがおすすめなのか、あくまでも私見ですが比較してみます。

成分の違い

両者の主たる有効成分であるクエン酸。この配合量はどちらも同じ2700mgです。ただしキリンサプリは500ml、スーパーC.C.レモンは350mlなので濃度ではスーパーC.C.レモンの方が高い。

他の成分を見てみましょう。スーパーC.C.レモンにはビタミンCが1000mgキリンサプリにはモノグルコシルヘスペリジンが178mg配合されています。

ビタミンCは言わずもがな美肌やかぜ予防に役立つ栄養素。人体では合成できないため、毎日摂取する必要があります。推奨される1日の摂取量は成人で100mg。上限は特に設けられていないようです。

一方はモノグルコシルヘスペリジンはちょっと聞き慣れない成分です。キリンによると“モノグルコシルヘスペリジンは、周囲が冷える時に健やかな血流(末梢血流)を保ち、体温(末梢体温)を維持することが報告されています”とのこと。クーラーで冷える室内などで効きそうです。

両者を成分的に選ぶとすればクエン酸は同じなので、残りの成分で比較検討することになります。まずは必須であるビタミンCが優先順位としては高いと言えそう。しかし他のサプリや食品で補っている方も多いでしょうから、その場合はモノグルコシルヘスペリジンの方を摂った方が効果的です。

味の違い

キリンサプリはどちらかといえばオレンジジュース的な味。スーパーC.C.レモンはレモンジュース的な味。私のように酸味が苦手であればキリンサプリの方が飲みやすいでしょう。

また炭酸の有無もあります。キリンサプリは炭酸はなく、スーパーC.C.レモンは炭酸飲料ですから「炭酸は苦手……」という方にはキリンサプリをおすすめします。しかしスーパーC.C.レモンの炭酸は微量ですので、レモン味の方が好きならスーパーC.C.レモンでも問題ないかと思われます。

摂取すべき頻度

ブランドページに掲載されている研究結果のグラフを見てみると、疲労感の差はクエン酸2700mgを含むレモン飲料の継続摂取で出てきます。

この実験における継続摂取は4週間。1週間でも差はありますが長期間摂取するとその差が大きくなるようです。

したがってこの飲料を飲んだらすぐに疲労回復というわけではなく、あくまでも継続摂取していくに連れて徐々に疲労感が軽減されると考えたほうが良いでしょう。

その場合1本ずつ購入するよりも、Amazonなどでケース買いした方がお得。キリンサプリにしろスーパーC.C.レモンにしろ、あまりコンビニで見かけないので継続して飲みたいならネット購入をおすすめします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です