書評

【聖書】『童貞の疑問を解決する本』はすべてのモテない男性におすすめ!

男女問題はいつもわからないことだらけ。だからといって異性に直接尋ねることは難しい。そして何より経験がないというアナタに向けた本がこちら。

恋愛メディアがひろってくれない 童貞の疑問を解決する本」です。

童貞の疑問を解決する本とは?

AM(アム)という恋愛メディアの編集部が、2017年の「webメディアびっくりセール」で販売していた同人誌がネットで大いに話題となり、出版社から刊行された本。

童貞が抱く、恋愛やセックスにおける初歩的な疑問に、Q&A形式でお答えします。

と紹介文にあるように、恋愛経験に乏しい男性にありがちな疑問が全35問掲載されており、1つ1つにAM編集部が丁寧に答えるという内容です。掲載されている質問は以下の通り。

こんなデリカシーを欠いた質問を、実際の女性にしようものなら、社会的制裁待ったなしの質問がずらずらっと並んでいます。

たしかに気になるという質問から「おっぱいってすごくないですか?」なんていう謎の質問かどうかもわからないものまで。全部に回答があります。

辛辣だけど優しい

たとえば一番最初のQ&Aは、

童貞
童貞
僕のことを好きになってくれる女の子ってどこにいるんですか?
AM編集部
AM編集部
いません

ひどい!いたいけな童貞を捕まえて、なんてことを言うんだ!」と憤ってしまいそうな辛辣な回答。しかしもちろん「童貞を好きになる人なんていません、諦めましょう」という意味ではありません。

この回答は「なんにもしなくても誰かに好きになってもらえるというのは幻想。まずは"ゼロ"である自分を自覚して、少しずつ努力していこう」という前向きなメッセージとなっています。

アンサーの下に10行程度の詳しい回答があるので、辛辣なAにひるまずにしっかり読み込むと、なるほどと納得できるはずです。

結局当たり前のことをいかに徹底できるか

この「童貞の疑問を解決する本」ですが、結構当たり前のことが書いてあります。それもそのはず。序文には、

恋愛メディアがとりあげない、「知っているだろう」とされている疑問が解決できず、困っている恋愛初心者、童貞は大勢いるのではないか。そう思って、筆をとりました。

と書かれており、要は恋愛の常識、共有されている前提が書かれているのです。

 

そうは言っても、この本に書かれていることが絶対的な真理というわけではないので難しいとも言えますが、少なくともこの本に書いてある常識という基準があれば、色んなケースに対処するのもまったく知らないよりはかんたんになるのではないでしょうか。

当たり前のことを読んで「当たり前だよ、知ってるよ」というのは簡単です。しかし、なんだかんだいって、当たり前のことを徹底できている人というのは少ないように思います。

恋愛初心者もある程度の経験者も一度この本を読んで、自分はどうかを省みてもいいかもしれません。

Twitterや各メディアで話題沸騰の同人誌が、待望の書籍化!!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です