実店舗購入

【クエン酸3000mg】キレートレモンドライスパークリングレビュー

「キリンサプリ ブラッドオレンジ」「スーパーC.C.レモン」に続いて、クエン酸飲料シリーズ第3弾は、ポッカサッポロの「キレートレモン ドライスパークリング」です!

特にシリーズ物にする気はなかったんですが、夏が本格化したからかクエン酸飲料がたくさん販売されていて、飲まないわけには行きません。

キレートレモン ドライスパークリングとは?

155mlの小さなビンでビタミンCとクエン酸がとれる「キレートレモン」。そのキレートレモンのシリーズにある炭酸飲料で、“健康を気遣う大人男性向けのドライなレモン果汁炭酸”という位置づけにあるのが「キレートレモン ドライスパークリング」です。

気になる成分量を見てみましょう。

まずビタミンCは1000mg以上!C.C.レモンと同等ですが、こちらは1000mg以上1975mg以下です。振れ幅が大きいですが、最大値だとC.C.レモンの約2倍のビタミンCが摂取できます。

次に疲労感軽減の主成分であるクエン酸。参考までに、キリンサプリとスーパーC.C.レモンは2700mg配合。一方キレートレモン ドライスパークリングは300mg多い、3000mg

この2成分だけで比較すると、キレートレモン ドライスパークリングはスーパーC.C.レモンの完全な上位互換と言えます。

詳細な100mlあたりの成分は以下の通り。

エネルギー 16kcal
たんぱく質 0g
脂質 0g
炭水化物 4.2g
食塩相当量 0.04g
カリウム 20mg
リン 2mg
カフェイン 1mg未満

 

キレートレモン ドライスパークリングの味はいかに

ジョン
ジョン
あ、レモンだこれ

さすがレモン2個分の果汁が入っているレモン飲料。レモン味のレモンというよりは本当のレモンに近い味がします。とはいえレモン果汁オンリーではないので、飲めないというわけではありません。

これはキレートレモンの「ドライ」「スパークリング」。

その名の通りまったく甘くない

スーパーC.C.レモンと比較しても断然さっぱりした味で、甘いのが苦手という方にとってはかなり飲みやすいでしょう。ファンタよりオランジーナって人におすすめです(?)

スパークリングの方は微炭酸。普通の炭酸よりはかなり弱いです。ただこれもスーパーC.C.レモンとの比較で考えると、それよりは強いと感じました。スーパーC.C.レモンが「これは炭酸……?」という気持ちになる一方キレートレモンドライスパークリングは「炭酸だ。弱いけど」という感じ。

私はドライなレモン味が苦手、炭酸も苦手なので最も飲みにくかったです。おいしく飲めるキリンサプリに比べると、本当に成分のために飲むという印象が強くなります。

成分で選ぶならキレートレモン ドライスパークリング

結局クエン酸飲料シリーズで選ぶとするなら、味はキリンサプリで成分はキレートレモンです。

特にスーパーC.C.レモンとキレートレモン ドライスパークリングは私からするとどっちもゴクゴクいけないので、成分的に上位互換のキレートレモンかな。

とはいえ成分が多い方がいいのかというのも微妙な話なので、レモン&炭酸が大丈夫な方は飲みやすい方を選ぶといいでしょう。

個人的にキリンサプリを一番推したいところですが、いかんせん入手が困難。クエン酸は継続摂取が重要であることを鑑みると、毎日飲めるものを選ぶのが良いと思います。

健康を気遣う大人男性向けのドライなレモン果汁炭酸

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です